2017年02月03日

「この素晴らしい世界に祝福を!」#4

 いや笑った笑った。今期のエピソードではベストと言っていいかと。



 ダクネスが今まで放置されていたぶん、もう熱暴走するかという勢いで突っ走ってますね。潤さんの隙間にブッこんでくるアドリブも絶好調。

 基本的にはよくあるお見合いブチ壊しネタなんだけど、主人公たち以外がみんないい人すぎて、そして主人公がクズすぎて、どんどんおかしな方向に向かってしまう。まさかこういう展開になろうとは。そして中でも一番輝いていたのが、マゾ道楽を徹底させていたダクネスだというのがこの作品らしすぎる。そして、ダクネス父も子煩悩ないい人なのでした。

 キャスト陣のアドリブと音響監督の演技指導が実によい呼吸で連動している気がします。とにかく面白いものを視聴者に見せたい、楽しませたいという思いが空回りせず、ここまでキレイに駆動しているとは。アニメは作画じゃない、演出だという部分にリソースを全面的に振り向けたのが今期も勝利の理由でしょう。

 このすばより作画が豪華な作品ていくらでもありますけど、このすばの半分も面白くないものがほとんど。今期のディスクセールスも独走状態のようで、これは三期も来るのでは? 期待が高まってきました。
posted by てんちょ at 01:12| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする