2016年12月07日

「魔法少女育成計画」#10

 あと2話。そして残る魔法少女はついに5人。あっちゃんももちろん残ってます。



 生き残ったメンバーは、スノーホワイト、リップル、スイムスイム、クラムベリー、そしてたま。明らかにたまが異質ですね(^^; まさに無欲の勝利。策謀を尽くした強力キャラがバタバタと倒れていく中で、オロオロしているうちに生き残ってしまったという。

 このメンツだと次回真っ先にやられそう。事実、クラムベリーに腕をやられてるし。ただ、実はたまが怪我をした、というだけでも結構衝撃でした。案外無傷で乗り切るんじゃないかと思っていたので。スイムスイムの落ち着きぶりからみて、たぶんたまの怪我も計算のうち、というか偽装ですらある可能性もあるかと。ただ、クラムベリーがそんな小手先でなんとかなる存在じゃないことは今まで見てきたとおり。

 一番順当にいけば、スノーホワイトとクラムベリーだけが生き残って、クラムベリーが怪物化し、第一話冒頭の対決場面に繋がるかと思うんですが、そういう単純な話にはならないやろうなあ。案外ファヴが裏切ってクラムべリーは倒されるものの、スイムスイムはそこに奇襲をかけてきたリップルと相打ち、しかしそこでファヴが「最終試験だぽん」とか言って怪物化、リップルは倒されてしまうものの、皆が完全に存在を忘れていたわれらがたまが穴を掘って落とし、ファヴを倒す、という展開でどうか(^^;

 実際、攻撃能力をまったく持たないスノーホワイトがどうやって生き延びられるのかさっぱりわからんのですよね。これはやっぱり、最終ステージでキャンディーが攻撃に使えるようになるとか? それだとみんな完全に存在を忘れていたのに「キャンディーを集めてぽん」とシラジラしく言ってたことが生きてくるわけですが。

 まあ泣いても笑ってもあと2回。本当、あっちゃんはどの局面で活躍するんやろうなあ。実のところ、まだ生身の姿が登場していないのはクランベリーとたまだけなのですよね。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 西明日香 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする