2016年09月23日

「モブサイコ100」#11

 今期一番の予想外に面白くなった一本でしたね。月曜日はなかなか楽しかった。



 絵的にいろいろキビシイんじゃないかとおもってたんですが、シンプルにして引き付けるストーリーを作り出せるという点で、oneという人は相当な才能の持ち主なんでしょう。これで絵が素人の落書きレベルという落差がまた笑えるんですが、アニメ化となると、その才能にほれこんだ人たちがよってたかって最高の内容にリライトしてしまうんだからすごい。

 特に今回なんて、普通の作品なら脚引っ張り役でしかないダメ人間で詐欺師の師匠が、「なるほど、これはモブじゃなくてもホレるわ」と感心するほどのカッコよさをみせつけてくれるのがすごい。逆に言うと、この人は詐欺師ぐらいでちょうどいい、そうでないとあまりにも完璧超人すぎてつまらなくなってしまう、と思ってしまうほどに立派だしマトモな大人なのですよね。「人を傷つけるな」「危なかったら逃げてもいいんだ」なんて、逆に正論すぎてなかなか言えません。しかも、これだけ出鱈目なエスパーが山ほど出てくる作品の中で、唯一と言っていいほどの正常な科白を吐き、でもそんな本人はチャチな詐欺師、なんてところが実に面白い。師匠の小悪党ぶりを最初に延々見せられてウンザリしていたからこそ、この大人ぶりが驚きだし感動するわけですよね。

 さてそして次回でいよいよ完結。どういう形で締めるのやら。でもなんか楽しみです。あ、そうそう。OPのカッコよさは今期随一でしたね。
posted by てんちょ at 00:24| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする