2016年09月10日

「魔法少女?なりあ☆がーるず」#11 生放送版

 えーとえーと。次回最終回なんだよ? ここで三人が心折れてコントはだらだらと引き延ばされてすべりまくり、焦ってせめて台本を見ようとするので全員がうつむき加減でコントをするというとんでもないことになっておりました。まさに大惨事。



 問題は、それがまったく笑えないということだろうなあ。困った時には阪東英二の物真似、という展開になってしまったのは、つまりがーるずにはそれ以外にキメ技ネタとして使えるパーツが一切なかったということ。ここまで無計算のダラダラ展開で転がしてきたツケが出ましたね。

 今回三人が「ふわふわしてしまっていた」のは無理もないところで。前回あけこ姉に完全に持って行かれて、「また今回三人でやんなきゃいかんのか」というのは鈍感ながーるずたちといえど茫然とするところではあろうと思います。自分たちが完全に間違っていたことを見せつけられたわけですから、それは茫然とするわなあ。しかもあと2話しかない、とあっては完全に手遅れ。

 ダテコーさんも敗北感をかみしめているのは間違いないんだけど、こうなったら用意してたネタ全部やるか、という在庫棚卸的発想が正しかったのかどうか。まかり間違って何かがーるずに合うネタがあってうまくいくかもしれん、というのはあまりにも神頼みすぎてダテコーさんらしくない。それだけ追い詰められて祈るような気持ちというのはわかるんですが。ここ数回心折れているいなほに回させるというのもちょっと妥当とは言いかねましたね。

 最大の失敗はお目付け役を省いたこと。それは自分でもできる、と思ったのはダテコーさんの最大の間違い。がーるずたちは監督の指導に聞く耳持たないことを「ボケ」だと勘違いしてしまいました。酒場のダラダラしたトークならそれでもいいかもしれんけど、きちんと枠を持つ「番組」でそれは許されない行為。彼女たちをうまく指導できるのは、「先輩声優」だったんですよ。

 さて、次回はトランスフォーマーから保志総一朗さんでしたか。微妙に予測を外してくるのはちょっと面白い。こうなるとやはり冬の女王は水原さん? でもそれじゃヤンママですがな(^^;

 いっそ大穴で悠木碧(みならいディーバのシェリーさん)というのはどうか? ゲストは呼ばれるのかどうか。どうやって着地させるのか。やっぱりあっちゃん・あけこ姉を早めに消費してしまったのは本当に致命傷でしたね。
posted by てんちょ at 02:27| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダテコー監督 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする