2016年09月04日

「魔法少女?なりあがーるず」#9 地上波版

 いかん、地上波版のこと忘れてましたわ。



 基本ちょっと印象薄かったかなあ。いつの間にか歌詞が三番になってまどかのパロディでした(笑)ただいろいろ勝負かけてる割にはうまくまわってないなあと。ここらへんでガツンと視聴者を揺さぶって、というのはわかるんだけど、がーるずがアレですからねえ……

 鈴村健一さんが鬱なイヤミという感じのキャラだったのはなかなか面白い着眼点だったのに。どうにももったいない限りです。「なつかしい思い出」のシーンも、ネタとして見ているぶんには面白かったけど、こうやって作品中にはめこんでみると「まったく回想シーンに見えない」という大問題が。「センチメンタルギャラクシーゲーム」は、こういう風に使わない方がよかった。がーるずのネタとしては例外的に大変面白かったのに、このブツ切りですからねえ。

 後半の万引きコントは、うららが出るところまでは面白いんですよね。やっぱ、芹亜嬢の異物感が半端ない。いなほの器用さとはなびの朴訥さは割とうまくかみあってる。すべてを台無しにしているのは、パンクすぎるうららなんです。確かに単体では笑える人なんだと思う。でもチームプレイが本当にできない。そして最終的にハズしてる責任を、はなびにおっかぶせているのはとっても良くない。そこは可動性の高いあなたが対応すべきところでしょうに。

 あと、動画部分と静止画部分で、うららの性格が別人みたいに変わってるのも大問題。なんとか寄せようという気がこれっぱかりもなかったのが、そもそものつまづきなのかもしれません。まあ、最後にうまく着地できるかどうかは、次回がひとつ勝負どころと思いますので、期待して待ちましょうか。あけこ姉のおかげでえらく取れ高は多かったですからね。逆に10分でうまくつなげるんだろうか(−−;
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダテコー監督 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする