2016年07月03日

「魔法少女?なりあがーるず」#1 生放送版

 困惑とともにOAされた生放送版第一話。うーん確かにこれは単体ではなんとも評価しようがないですね。



 前作みならいディーバや今回のゲネプロ時のようにキャラが固まるハプニングはありませんでしたし。芹亜嬢の主人公キャラがガニ股なところだけやたら気になったなあ(^^;

 ゲネプロの終了後に反省会があったと見えて、みんな一斉にしゃべる悪癖はかなり解消されました。ただ、会話のテンポが悪く、合いの手や笑い声がうるさすぎて、会話が聞き取りづらい上にテンポが悪くなってしまっている。こういうのって呼吸を体感で覚えていくしかないので、「ジュニア枠のド新人(本人ら自称)」の人には結構ツラいかも。あっちゃんて本当すごいんやなと改めて思いましたよ。

 ただ、最後まで見てなんとなく納得したんだけど、これ単体で評価するのはたぶん正しくない。つまり、完成品はあくまで地上波放映版であり、これはメイキング。いわばダテコー監督の演技指導をリアルタイムで観られる貴重な生放送と言えるでしょう。

 芹亜嬢、確かにこれラジオだと面白いんだろうなと納得。でも、この脱線芸は見ていて少しハラハライライラしてしまう。雑談でコーナーを粉砕していく洲崎西コンビのテンションほど迷いがないわけではなくて、ここは進めるべきところだけどわざとハズしてくると面白いよね、という理屈に寄り掛かりすぎなんです。大丈夫かな〜と内心でハラハラしながらわざとハズしてますよ、というのが透けて見えてしまっているから。

 とはいえ、どうやらそのグダグダ感も含めてダテコー監督の計算通りのようなので、ひとまずOA版を楽しみに待ちましょうかね。なんかビックリするような「ここにこんな風に使うのか」というのをやってくれそうですし。編集の妙味もダテコー組の味ですからね。今回もきっと驚かせてくれるはず。期待してます。
posted by てんちょ at 00:27| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダテコー監督 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする