2016年07月09日

「少年メイド」#12(終)

 なんか忘れてるなー…… あ、最終回ルポ積み残してた。すみません。いや、つまんなかったわけではないです。ただ、新番組シーズンにもろぶつかってしまって。内容は、本当に良かったですよ。



 すごくまじめに誠実に、最後まで描き切ってくれたなと。題材はどうみてもキワ物なのに、よくここまでさわやかな展開にできたと感心するばかり。しかもすごいなと思うのは、キワ物を期待する層のニーズを裏切っているというわけでもないということなんですね。

 いろいろ不幸な行き違いはあっても悪人はおらず、人と人はわかりあえる、という性善説をここまで力強く訴えてくれるのはなんかうれしかったですね。世知辛い世の中ですから。そういう姿勢はかえってうれしい。最終回も、人間関係に大きな進展は起きませんでしたが(そしたら原作終わってしまう)、前向きな展開を予感させる形で終わってくれたのは、まあベストだったんじゃないかと。

 これだけ観ていて気持ちのいい作品もなかったと思います。癒し、とか自閉的な感じではなくて、シビアな要素も取り込みつつも(そもそも主人公は天涯孤独になるという辛い冒頭)なのに、前向きであろうとすることで世界が開けていく様子が感動的なんですよね。

 なんか円盤セールスがパッとしないのが実に釈然としないのですが、きっとみんなスタッフは深い愛情をこめて作ったはずだし、また続きが作りたくなるはず。再開を期待しつつ今は感謝の言葉をささげましょう。本当におつかれさまでした!
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

「魔法少女?なりあ☆ガールズ」#1 地上波版

 関西放映は来週。それでは生の二回目の後になってしまうので、とりあえずニコ動で確認。



 一応、それなりの魔法少女コメディという感じで作られていましたが、声優陣の演技があまりにも散漫だったこともあって、どうにもまとまっていない印象。これだけ単体で観た人は「何がしたいのかさっぱりわからん」と怒ってましたね。さもあらん。

 まあ生放送版から観ていると「ああ、これをあそこで使うのか」という面白さはありましたけど、ダラダラしたしゃべくりと深川芹亜嬢のガラガラな怒鳴り声は、かなり芝居を壊してましたね。あっちゃんやあけこ姉がどれだけ作りこんだ演技で「編集しやすい」素材を作ることに心を配っていたのか、気付いてしまいましたよ。なんとなくダラダラしゃべっているようで実は自然な雰囲気を作りこんでいる。そういう演出方法はダテコー監督の必殺技なので、いくらチームダテコーの編集能力が高くても、いろいろ限度はあるなと痛感しましたよ。可鈴ちゃんしかいない、てさ部を想像してみればよろしい。要するに今その状態。古賀葵嬢には少し荷が重かったですね。

 第一回の失敗は、お笑い好き声優ばかりを集めてガチなお笑いをさせようとしたこと。よーしボケるぞーと、みんな気合が入りすぎ(^^; もう少し土台になる台本はしっかり作った方がいい。あくまでその範囲内でボケるなどのさじ加減が必要なんじゃないでしょうか。

 まあなんだかんだいってもダテコー監督ですから、まだまだびっくりさせてくれるはず。期待してますよ。どうやらゲストキャラが結構登場しそうだし。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダテコー監督 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

「NEW GAME!」#1

 「未確認」の藤原監督の新作! 「ブラメモ」はかなり大火傷でしたが、さて今回はどうなるか。原作が単調なぶん、いろいろな要素を入れ込みやすい、藤原監督向きじゃないかとかなり期待した第一話でした。



 背景をじっくり描きこんだ日常系、まさに動画工房ブランドですね。原作は作者の体験を少女に置き換えただけのもので、えらくヒットしたのでついついつられて読んでしまいましたが、そんな大した内容のものじゃないです。原作者の母が「原作よりわかりやすかった」と言っていた、というエピソードが笑いますね。

 うーん。今の所女しかいないゲーム制作会社というのがあまりにもウソくさくて、「ばくおん」的な空空しさを感じてしまうのですね。まあ、キャラがお前らどうみてもおっさんやろ、という「ばくおん」ほどではなくて、ただモデルはたぶん男だよね……というのが透けて見えるのは確か。

 あ、でも早業ティータイムのエピソードは女子っぽかったかな。もうちょっと女子度上げてもいいと思う。まあともかくもこれではちょっと評価不能。ひとまず視聴は継続しますが、もう少しプラスアルファがほしい感じでしょうか。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

「甘々と稲妻」#1

 連載初回から読んでて単行本も持ってるほど好きなマンガがアニメ化されるのも久々。なんせ月刊誌二誌しか取ってませんからねえ。



 つむぎちゃんを10歳のリアル幼女がやるって「ばらかもん」じゃないんだから、と頭抱えましたし、そもそもこれアニメで動かしやすい画風とはお世辞にも言えない。はっきり言って期待値はかなり低かったですよ。

 しかしいざ本編を観てみると「おお」と引き込まれてしまいました。連載初回時の衝撃がちょっと甦りましたね。そう、「おとさん、すっごくおいしいよ!」とつむぎちゃんが目を輝かせる時の表情がすばらしいんです。おいしいものを食べるのって本当に大事だと思いました。変にエロっぽく描くとかあざとさは不要なんです。おいしい、と素直に感じられる表情がすばらしい。

 まあ小鳥ちゃんの色気は再現できんかったなあ……そこは残念。ただの口下手な吊り眼少女になってしまいました。でもつむぎちゃんのライオン髪はかなりうまく描けていると思うので、まあ合格点かと。つむぎちゃんのかわいさがほぼ八割の作品ですから。

 しかしこんな作品だっけ、となにしろ初回はずいぶん前だったので単行本で再読してみました。おおーなかなかの再現率。ほぼ忠実な第一話の再現なんですね。このペースでやった日には単行本2巻ちょっとしか消化できないので、もう少し飛ばすとは思いますが。思わず1巻読みふけってしまった。やっぱ面白いよなあ、これ。食育の教材にもなると思う。

 リアル幼女つむぎちゃんは、結果的に成功だったのではないかと。声優さんだとちょっとあざとくなって育児らしさがなくなりますものね。単行本はもうじき六巻が出ますが、小鳥ちゃんと犬塚先生は一向に進展してませんが(^^;信じられんでしょ、第一話のこのヒキからは。

 しかし原作者の雨隠ギドさんってヤヲイ系の人だったんですね。最近まで知らんかった(^^;
posted by てんちょ at 01:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

「ももくり」#1

 関西夏シーズンはこの作品から。なんかなつかしい感じやなー(^^;



 男の子と女の子の微笑ましい恋物語。昔の少女マンガみてえ。ただ、女の子は重度のストーカー気質だったのでした…… ってやっぱ今時の作品やん(^^;

 なんかかわいらしい、ほのぼの一直線なキャラクターデザインで、警察か病院に通報したくなるレベルのストーカー犯行記録が列挙されるシュールさ。そして、こんなほのぼの画で再現されてしまうと、たぶんリアルで起きたらドン引きな内容が微笑ましいラブコメ王道に感じられてしまう不条理。いやあ、キャラクターデザインって怖いなあ(^^;

 似たような作品はないではなかったと思うんですが、変にリアル方向に振ってしまっていたのが失敗といえば失敗で、ここまで開き直っておとぎ話化されてしまうとそれはそれでアリな気がしてしまうのがなんか怖い。原作者は栗原さんのヤバさは分かっているはずで、だからこそツッコミ役の親友を配置しているのでしょうね。この子がなかなかまた味がある。

 実はネットで先行配信されていて、もう全部公開済みらしい。知らんかった……でもこれはいい。視聴決定です。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

「暗殺教室2」#25(完)

 ついに終わりました。万感。途中ちょっと中だるみかなーと思ったこともありますけど、最後は本当に充実した結末だったのではないでしょうか。



 文字通り教師がスーパーマンだったわけですが(笑)、かなりマジメな教育論でもあり、暗殺対象でもあるというひねくり方は本当に良いアイデアでした。しかも暗殺対象を人でなくすることで、暴力描写への批判も全部無効化してしまった。さらにすごいのは、「人を殺すのはけしからんがタコを殺すなら別にいいか」と思っていたであろう潜在批判層の偽善をあぶりだすような仕掛けを施していたこと。ずいぶんと人が悪い。

 あまりにも殺せんせーが最強なので、なんとなく助かって終わるのかなあとか思っていた、そんな風にプロットが向いていた時もあるのですが、最後の最後できちんとコンセプトへのけじめをつけるのはある意味で立派。

 「先生さよなら」
 「はい、さようなら」

 こういう結末もアリなのか……とちょっと感動してしまいましたよ。もうパターン化が進んで真のオリジナルな王道なんてない、と思っていましたけど、入口をひねって善と悪を逆転させることもできる、まだまだ出来ることはあるんだなあと感心しました。

 ただ、これ円盤セールス的にはいまいちだったみたいでちょっと残念。これこそむしろBOXにでもした方がよかったかもしれませんね。「ガッチャマンクラウズ」の第一シーズンがヒットしたのに第二シーズンが惨敗したのは、すこし話が難しくなったということもありますけど、格安ボックスから通常円盤形式に移行してしまったというのもあるんじゃないでしょうか。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

「魔法少女?なりあがーるず」#1 生放送版

 困惑とともにOAされた生放送版第一話。うーん確かにこれは単体ではなんとも評価しようがないですね。



 前作みならいディーバや今回のゲネプロ時のようにキャラが固まるハプニングはありませんでしたし。芹亜嬢の主人公キャラがガニ股なところだけやたら気になったなあ(^^;

 ゲネプロの終了後に反省会があったと見えて、みんな一斉にしゃべる悪癖はかなり解消されました。ただ、会話のテンポが悪く、合いの手や笑い声がうるさすぎて、会話が聞き取りづらい上にテンポが悪くなってしまっている。こういうのって呼吸を体感で覚えていくしかないので、「ジュニア枠のド新人(本人ら自称)」の人には結構ツラいかも。あっちゃんて本当すごいんやなと改めて思いましたよ。

 ただ、最後まで見てなんとなく納得したんだけど、これ単体で評価するのはたぶん正しくない。つまり、完成品はあくまで地上波放映版であり、これはメイキング。いわばダテコー監督の演技指導をリアルタイムで観られる貴重な生放送と言えるでしょう。

 芹亜嬢、確かにこれラジオだと面白いんだろうなと納得。でも、この脱線芸は見ていて少しハラハライライラしてしまう。雑談でコーナーを粉砕していく洲崎西コンビのテンションほど迷いがないわけではなくて、ここは進めるべきところだけどわざとハズしてくると面白いよね、という理屈に寄り掛かりすぎなんです。大丈夫かな〜と内心でハラハラしながらわざとハズしてますよ、というのが透けて見えてしまっているから。

 とはいえ、どうやらそのグダグダ感も含めてダテコー監督の計算通りのようなので、ひとまずOA版を楽しみに待ちましょうかね。なんかビックリするような「ここにこんな風に使うのか」というのをやってくれそうですし。編集の妙味もダテコー組の味ですからね。今回もきっと驚かせてくれるはず。期待してます。
posted by てんちょ at 00:27| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダテコー監督 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

「宇宙パトロールルル子」#13(完)

 これにてUSATも終了。あれ、なんかひとつ積み残していたような(^^;



 最後の最後はこれでもかと動いてましたねえ。これでこそトリガー。というか、これの方がトリガーっぽくないですか。キズナイーバーはなんか陰気だったもんなあ。

 ルル子もいったん主人公が裏切られて死ぬというすごい展開があるんですが、そこから不屈のテンションで復活しすべてを覆していってしまう。いや、これでこそのトリガーでしょ。

 それとガンガン動いてメチャクチャやるトリガー節が最後にびたっとハマってクライマックスを迎える演出もいい。今時スベオペ、でもこれがいいんですよ。「スペースダンディ」はなんかアナクロ感がぬぐえませんでしたが、こっちは女子中学生の凡庸な恋心がだからこそ最強なのだと言い切る気迫がなんともスベオペの超展開にきれいにはまっておりまして、ああ、これでこそのスベオペだなあと思ったものでしたよ。

 そして最後は彼とは別れ別れになってしまうけど、あくまで仕事としての宇宙パトロールを選ぶ、という前向きの女子ぶりがいいじゃないですか。わずか8分ほどの作品だけど、そのぶんぎゅぎゅっと詰まった濃厚さが大変好ましいものでした。すごく良かったです。本当、おつかれさま。10分アニメって結構いいなあ。もっと掘り下げて企画されていいんじゃないだろうか。
posted by てんちょ at 01:22| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

西明日香来期出演は「Rewrite」

 他の所でも少し書きましたけど、一応紹介しておきましょうね。来期もレギュラーあってよかった!!



 このトレーラーでもちょっとだけしゃべってますね。確かにあっちゃんだわ(^^; ウリ坊みたいなマスコットキャラです。監督が「きんモザ」の天衝氏で、ゲーム版の声優が引退してしまっていたため、比較的声が似ていて達者なあっちゃんが選ばれたらしい。

 いかにもイタい美少女ゲームという感じで観るつもりはまったくなかったんですが、これはチェックせざるを得ない。なにやらアドリブもできそうですしね。しかし冷静に考えれば、あっちゃんが動物キャラを演じるのは初めて……いや、兵庫犬がありましたね。観たことないけど(^^;

 トレーラー見る限りでは、オレはこれを見ることに耐えられるんだろうか、という気がしないでもないんですが、天衝監督のクオリティとあっちゃんの芸を信じて待つことにしましょうか。なんせ来期はそもそも「とりあえず第一話を見てみるか」候補が14本しかなく、果たして何本残るか不安。おそらく間違いなく観るのは「NEW GAME」ぐらいかなあ。あ、望月監督久々の30分「バッテリー」は期待ですが、最近妙にホモホモしいのばっかりやっておられるので、耐えられないかもしれん(^^;

 まあ来期もよい出会いがあることを期待しつつ……関西は「ももくり」からかな?
 
posted by てんちょ at 00:18| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 西明日香 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする