2016年06月19日

「少年メイド」#10

 千尋と円が母の墓参りに。こういうネタ、昔はよくありましたけど、最近あまりないですよね。



 そういえば千尋父の話はまるで出ませんでしたが、そうか生まれる前に死んでたか。原作では登場してるんですかね。千尋母を名家から飛び出させるほどの魅力と問題点を兼ね備えた人だったのだろうから、ちょっと見てみたいなあ。あ、前回も書いてるなこの話(^^; たぶん今回のアニメ化では登場しないかもですが。

 しかしこの作品、時々料理がうまそうで困る。それほど写実的ではないのだけど、割とリアルに作る過程が見えるので、なんとなく食べたい連想がわいてくるのですよね。今回のぼたもちなんて作り方がシンプルなだけに特に。しかし不思議だわ。「幸腹グラフィティ」とかは別にうまそうとは思わなかったんですよね。「ふーん」という感じで。変に「エロくしよう」とかおかしなこと考えるとダメで、ごく正道な演出の方がいいのかもしれない。食べ物をふっと思い出させるぐらいの感じの方が。個人的に和菓子と小豆が大好きだということもありますけどね。買ってくるかなあ、おはぎ。しかし塗りの重箱に入れて持ち歩いた記憶はないなあ。地域によってもちろん違うのでしょうが。

 そして祖母・一砂と名乗り合いの場に。やはり円とは不仲だったか。おそらくは円と一砂で千尋を取り合う展開になるのだろうけど……あと二回か。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする