2016年06月03日

「西明日香のデリケートゾーン」#35

 相変わらず安定して面白いのですが、今回はなかなか出色だったのでひとつ。



 すごく関心しているのが「デリケートにキスして」のコーナーなのですが、実はこのコーナー、ものすごい量の投稿が来ているにもかかわらず、一週おきにしかないのですね。視聴者のお悩みにあっちゃんがフリでエアキスをしてしまおうという企画なのですから、当然視聴者はセクハラ的な投稿を送りつけてくるわけで、そのままやってしまってはただのエロラジオになってしまう。そこを微妙にかいくぐりつつ、どういう奇想天外な「キス」を編み出すかがポイントなわけで、まあこれは確かに投稿を厳選した上で考え抜いたネタを作りださなければならない。もちろん作家のふかわ氏も知恵は出しているだろうけど、最終的にはあっちゃんの機転で決まる世界ですよね。だって動画の「モーション」で笑えるかどうかが決まってしまうわけだから。

 「そういう情けないことをしている君の気の毒なお母さんにキスをする」⇒「寝こみを襲って脳みそをすすっているようにしか見えない」

 「そんなバカな注文をされてしまったかわいそうな西さん自身にキスをする」⇒「激しく左右に回転して自分自身にキスしてるように見せる(本当にそう見える!!)」

 とか、今までも「そう来るか!」とうなってしまうようなバリエーション豊かな「新しいキス」の開発に余念がない姿勢、大したものでした。もちろんリスナーもそういう西ちゃんの戦略はわかってきて

 「ケツをかこうとして背中がつったので背中の筋肉をなぐさめてください」

 とかひとひねりしてくる。そこに西ちゃんはさらにちょっと怪しいマッサージ屋さんコントみたいな寸劇をぶつけて「お客さんこういうコースもアルヨ」とかけっこうきわどいネタを入れてくる。なんで知ってるんだ!(^^; しかしこれだけやってもけっこうカラリと笑えるものに仕上げてくる名人芸が本当に大したものなのですよね。

 「三者三葉」でも葉子さま=和久井優のマネージャーさんから「ゲストに出させてもらえませんか」という打診があるほどだというからすごすぎる。いいのか本当に(^^; まあ三者三葉は何人か才能ありそうな子もいるので、ゆーきちに続いて門下に抱えるといいんじゃないでしょうか。個人的には桃河りかイチオシでしょうか(^^;
posted by てんちょ at 00:01| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 西明日香 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする