2016年05月31日

「三者三葉」#8

 基本的に今回は三人娘のうち葉山妹メインの回。一人だけメインエピソードがなく埋没気味でした毒舌委員長でしたが、ナデシコ西山さんとの動物バトルはなかなか見応えありました。まあ、なんか西山さんの方がかわいげがあってつい応援したくなってしまうんですけどね。大丈夫か、主人公その3。



 なんか動物作画が無駄にすごくて、そこも笑ってしまいましたけどね。西山さんの自意識をむきだしにしていく勝気っぷり、どこか人間臭くていい。なんだかんだいって親友を罪の意識なくバッサリやってしまう近藤さんもいい感じだわ。こっちはちょっと自分を見てるみたいで心が痛いけど(^^; 近藤さん、悪気はないんや!

 まあそうはいいつつも今回の最大の山場は葉山姉=あっちゃんの地獄ソング「三瀬川」で、まさに絶品。原作組が驚愕してましたからね。こんなすさまじい演出を施した監督もすごいし堂々と歌いきったあっちゃんもすごすぎる。ふつうに笑える音痴とかではなくて、精密に半オクターブずつずれているみたいな、非常に精神を削る、でも「実はいい歌なんじゃないか」と思いつつも不吉すぎて錯乱する、そんな歌。それを一瞬だけじゃなくてフルコーラスで歌い切った展開はすごすぎる。マンガだと「なんか微妙に変だ」と書けば済むけど、それがいったいどんなものなのか、考え抜いて90秒のトリップシーンを作り出してしまったんですから。

 そしてこれはオチへの伏線になっていて、締めは西山さんの「エルをたたえる歌」。本当に作ったんか!これ、キャラソンCD出ますかね。出してくれたら買うから、ぜひ(^^;
posted by てんちょ at 00:29| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 西明日香 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする