2016年05月10日

「迷家」#5

 おお、ここまで来ても誰も死んでない(^^;

 

 話は進まない、キャラはみんな最低、自分勝手な変人ぞろいで、ちっとも団結せず場当たり的に自分勝手な発言を繰り返すのみ。話はちっとも進まないのによくぞここまで退屈せず話が引き付けられるなあと感心するばかりです。本当、すごいな。

 で、たぶんこれみんな幻覚なんだろうなあという展開なのですが、最後の最後でかなりド派手な「幻覚」を見せたのは何なのか。そもそも視聴者は何を見せられていてこれは誰目線なのか。まだまだいろいろと油断がなりません。

 すでにネットではいろいろと推理合戦が続いておりまして、まあ私の意見もそのあたりとあまり変わらない。実際、あまりに手札が少ないので、突飛な推理はできないですよね。当然「全員死んでた」「イドの怪物」「集団幻覚」あたりは織り込み済みのはずなので、むしろここからどうするかが要注目というところでしょうね。これだけ巨大ペンギンの幻覚を見せたのだから、何か手札を切ってくるはず。

 目立ちにくいけど結構重要な話が、じわじわ人は消えていて、誰も死んだという確証はない。しかもみんななんとなく忘れられていってしまっていること。これが伏線となるのかどうか。そこも注目して次回注視したいところです。
posted by てんちょ at 01:37| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする