2016年04月10日

「少年メイド」#1

 木曜日、さあ困った。一本も削れず三本とも視聴検討の方に行ってしまいました。いやーどれもそれぞれに面白くてねえ。今期はもともと週の後半に期待作が集中していたので、イヤな予感はしてたんですよ。これはどっちかというと女子向けで削れそうと思っていたら…一番面白かった(^^;



 いやあまさかなあ。「黒執事」みたいにすぐ失速ということも考えられないではないのですが。どっちかというと、ホモ風味の「ハヤテの如く」という印象。本家が完全にダメになってしまったいま、かえってこちらが面白く感じるというか。もっと露骨に妄想的かと思いきや不思議とサワヤカでほのぼのしてたので、男でも結構楽しく観られましたよ。

 薄幸のショタ少年、でもおかん気質で負けてない。対する叔父さんはド変態のダメ人間だけど、実はとても優しい。二人の間に有能だけど家事はダメというこれまた変な執事が入ることで、キレイに人間関係がかみ合う仕掛け。まさかこんなホモホモしい話でこんなにもほっこりしてしまうとは。

 主演の藤原夏海さん、これが初主演となりますが、今後の活躍が楽しみですね。島ア信長がこんなおっとり役をやるのも珍しい。ちょっとこの先、楽しみですね。こういう意外な出会いがあるから、アニメチェックはやめられないのです。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

「鋼鉄城のカバネリ」#1

 今期最大の話題作。なるほど、ずいぶんお金をかけて「賭けてる」感満点の作品になっています。絶賛の声が多いのもうなづける。



 ただ、これも散々言われてることだけど、「見たこともない」感はあまりなくて、なんか既成のイメージのパッチワーク感がずいぶんある。「進撃の巨人」は、まあ誰しも言いたくはなるわな。でも、ほかならぬその作品の監督が「似てる」と言われるのはまずくないですか。イメージ引きずってしまってるということですから。

 そもそも時代劇ゾンビというのもこの作品のオリジナルじゃないし。これなら「がっこうぐらし」の方がまだ斬新。確かにスチームパンクは雰囲気たっぷりだし、鉄道の重量感は非常に素晴らしい。でも、時代劇やるなら銃じゃなくて剣使いましょうよ。

 あと、確かに再現度はすごいけど、今時美樹本晴彦にキャラクターデザインさせるって、妥当なんだろうか。どこか古めかしい印象を受けてしまった。スチームパンクだからいいだろうって? でも結果として姫様がサクラ大戦そのものになってしまったし、絵柄が江戸じゃなくて80年代ぐらいの古さに感じられるのは失敗じゃないですかね。

 まあ、ここまで散々文句言ったけど、オリジナルとしてとりあえず様子見ぐらいはしてもいいかなと思ってます。木曜日もほぼ壊滅なので。見ないことにした作品も追々触れてはいきますが、今期はダメな作品は壮絶にとことんダメで、そういう意味では、あんまり迷うことはないです。

 むしろ問題はここからなんですよね。週末は本当に膨大な作品が目白押しで。はたして何本削れるか。でも、みんな注目作なんだわなあ(^^;
posted by てんちょ at 00:01| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

「文豪ストレイドッグス」#1

 うん、まあ女子向け。でもスタイリッシュは悪くないので、とりあえず次回も観るかなあ。水曜日はもともと候補がほとんどないし。来週の「ふらいんぐうぃっち」観て考えよう。



 文豪とは名ばかり、ほとんどただの異能アクションものですけどね。文豪キャラホモ妄想ストーリーという点では、「月に吠えらんねえ」の方がはるかにすごいけど、でもアニメにするには少々暗すぎる。「ストレイ」の方が喜ばれるといえば喜ばれるでしょうね。

月に吠えらんねえ(1) (アフタヌーンKC) -
月に吠えらんねえ(1) (アフタヌーンKC) -

 文学度が低いと不満に思われた方はこちらをどうぞ。個人的にはちょっとアニメ版見てみたい。

 中島敦が主人公というのはちょっと意外で面白いかも。知名度がいまいちな割には、教科書の「山月記」掲載率が高いので、思い当たる人は多いはず。

 「桜蘭高校ホスト部」「ソウルイーター」の監督さんとあればちょっと期待してしまう。スタイリッシュアクションを決めてくれそう。軽快な会話劇、立ったキャラ、テンポのよいギャグ。第一話はそのあたりの期待を割とうまくカバーしてくれました。まあ、「キャプテン・アース」の人でもあるから、コケる時はコケるのでしょうけど(^^;

 この先出てくるキャラを公式で見てますと、探偵社の社長は福沢諭吉、って文豪じゃないよ!(−−;

 ちなみになんで泉鏡花が女なんだろう(笑)

 まあ、それなりに楽しめそうなので、ひとまず次回は視聴。なんせ視聴断念が相次いでますんで。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

「Re:ゼロから始める異世界生活」#01

 みなさんもおっしゃっておられる通り、この主人公ウザすぎる! 飛ばされて「異世界キター」とかハシャいでるあたりで「同人誌か!」とイラッとしましたよ。まあこのあたり、「なろう」系ならではなんだろうなあと思うわけですが。でも既にそういうのは「このすば」がはるかに洗練されて知的なタッチでやってるわけでして。こういう頭の悪い形で再現されると強烈な頭痛に襲われてしまう。



 確かにハーレムを期待してわくわくしてる主人公にループを突きつけるというアイデアはなかなかよかったけど、急に主人公の察しが悪くなるのはただテンポを悪くするだけで何の意味もなかったですね。視聴者にもループを悟らせない形で展開できれば一番よかったんですがアニメでさすがにそれは無理。

 キャラデザは目つきが悪い、演出はとろい、声優の演技にも魅力がない、なにより独創性に欠ける。

 少なくともこれ、鳴り物入りで一時間もかけてやる話じゃないでしょ。ぜったいテンポよくさくさくやれば30分に圧縮できますよね。というわけでこれも視聴せず。やばい、月・火はマジで見るものがプリパラだけになりそう…
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

「ばくおん!」#1

 うーん。今期大丈夫かなあ。まあ観る本数は少ないにこしたことはないけど。



 バイク好きの女の子たちの部活ものということだけど、どう見ても中身がバイク好きのおっさんです。女の子らしさが欠片もない。おかげて違和感ありまくり。こんなバイク薀蓄垂れ流す女子なんてみたことないわ。バイクなんて乗ったこともない立場からすれば、まったく乗りたいとも思いませんでしたよ。

 ていうか、バイク好きのみなさんはこういう会話聞いてて楽しいんだろうか。どんなジャンルでも、こういう廃他的な薀蓄語りは敬遠されると思うんですが。贔屓のメーカー巡ってののしり合うの? なんかイヤやわそれ。

 結果として少女キャラの魅力もバイクの魅力もまったく感じられない展開になってる。これが今期鳴り物入りの作品? まあ売上が激減しているバイクメーカーにすれば「これでバイクブームを」と夢描くのも無理はないんですが、やっぱバイクって成長期の乗り物だと思うわーこんだけ長期不況のさ中にバイク乗ろうとする人はあんまりおらんでしょう。なんかもう少し別の切り口を考えないと。

 なんか週の後半に観る作品が固まりそうな予感。月曜、全滅かも。
posted by てんちょ at 00:26| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

「くまみこ」#1

 というわけで、関西でも春アニメスタートです。今期はこの作品から。



 PV観た時は「?」というところだったんですが、あっちゃんの師匠の安元さんが久々の主演ということで観てみました。うーん。デュラハンの大ハマりぶりからみると、若干困惑が残るかなあ。これ安元さんの役か?という感じで。癒しボケという感じのちょっと特殊なキャラですね。安元さんはもう少し毒がある方が生きる気がするのですが。

 あ、もちろん結構意外な下ネタっぶりはびっくりしましたし、それはそれで面白いかなとは思いましたけど、いや、これ一発ネタでしょう。このまま13話行くの? ツラくない? 田舎癒し系とエグい下ネタの落差はまあまあ面白いとしても、そもそもこの話がボックスセットにして売れるのか、という深刻な問題が。

 いや、「すべてがFになる」がBOXでも好きな人は買うでしょう。「僕だけがいない街」はむしろ一気に観たいからBOX向きでしょう。しかし「くまみこ」BOXで買う?? NHKのラジオ深夜便がDJCDBOXになったとして誰か買うのか、という問題に近いかもしれない。

 今回楽しかったか、と言われると「まあまあ」なんですが、これが13話続きます、と言われるとそれは辛すぎる。「のんのんびより」も最後はツラくて二期見なかったもんなあ。というわけで、この先は観ません、たぶん。よほど大評判になればその段階で考えますが、そんなことはないだろうなあ。
posted by てんちょ at 00:14| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

「お祓え! 西神社」Vol.3

 好調の声優バラエティも三枚目。さらに継続が決まったようでめでたい限り。たいてい声優動画というのはアイドルっぽいゆるいトークでしかないわけで、ここまで真剣に笑いを取りに行った番組はないと思う。

お祓え! 西神社Vol.3 [DVD] -
お祓え! 西神社Vol.3 [DVD] -

 さてどこまで続くか。まあ楽しみですね。ただ、事前に気前よく見せられる広報映像はなるべく見ない方がいいというのは分かりましたが。いや、気前よく見せすぎ。



 今回のディスクを観て思ったのは、この番組、あまりお金をかけない方がいいんじゃないかということ。「内定無子」エピソードの時のように、からっぽのスタジオで延々宴会芸をやるとか、予算ゼロの企画だとこの二人の性格から予測できる通り、必死で笑いを詰め込みにかかってくるので。結果として内定無子エピソードは前後篇で終わらず三部構成になる豪華さ。

 「あたしらエコじゃね?」と言ってたあっちゃんですが、これでは二人がかわいそうだし予算が余りすぎる、ということになったのか。次回は一転して日光江戸村へロケに。ただ、これがすさまじくイタい内容になってしまっていました。いや、この二人じゃなかったら別にこれでもいいんだけどね。要するにただの声優お散歩ロケになってしまっとる。あっちゃんもテーマパークで遊びまわることに夢中で、お笑いがおろそかになっていた気が。

 同じロケでも森林公園みたいなシンプルな場所だといろいろと工夫したボケをかましてくれて大変面白かったんだけど。日光江戸村では、舞台の濃さに少々気圧された感じ。呑気におでん食ってコイにエサやってたらいかんでしょ。ただまあ、あっちゃんの襟足が大変美しかったことと、ゆーきちの新撰組コスが異常なぐらいよく似合っていたことは収穫でしたか。

 とにかく観ていて気恥かしかったですよ。こういうのは本当、勘弁。アイドルネタ苦手なんやなあオレ。

 今の所ベストはDisc2で、これはどっちも面白かった。現在展開中の「映画」編はどうかなー二人とも映画にはくわしくなさそうだから。凝りすぎたりお金をかけすぎたりすると転覆する印象。この二人には無限の可能性を期待しているので、次回はがんばって!

 あ、江戸晴美編でも、霊を成仏させる時に「なまんだーなまんだー」て言ってたところは面白かったな。あんた巫女やろ!(^^; 
posted by てんちょ at 00:49| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 西明日香 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

「落語心中」#13

 おおー2期!!



 いやあこれはうれしいですね。「このすば」2期もうれしかったですが、こちらもあきらめかけていたので実にうれしかった。本当はもっとヒットするとさらにうれしいんだけど。でも、確かにこれは採算を度外視してでも作りたくなる内容ですよね。制作陣も声優陣も本当に持てるすべてを出し尽くしたすさまじさに感嘆させられます。アニメってここまでのことができるのかと。声優ってこんなにすごいのかと。

 菊比古の「死神」、助六の「芝浜」、ちび小夏の「野ざらし」はぜひともフルバージョンが聞いてみたいですよね。オマケじゃなくて、一枚フルで落語版の動画つき、どうでしょう。与太郎はあえて未登場の作品で…「火炎太鼓」とかいいかなあ。志ん生らしい。



 結構な昔の落語好きとしては、史実を交えながらここまで追いかけてきましたけど、最終回ではとうとう八雲が会長になってしまうんですね。圓生も会長をやって、そのあと分裂騒動を(笑)まあ、この作品の中ではそれはやらないとは思いますが。たくさんの弟子がいた圓生と違って八雲の弟子は与太郎ひとりきりでしたからね。

 それにしても東京には寄席が一軒きりになってしまうとは…現実でも鈴本、末広など落語定席の寄席は東京に四つもあるというのにです。つまりこれは、志ん生が早死にして圓生が弟子をとらずひきこもった、現実より厳しい道をたどった並行世界の戦後東京ということ、なんでしょうか。

 まあ上方はそれに近い惨状になりました。それはテレビのせいではなく、吉本の興業独占と落語排除の姿勢のせいなんですけどね。だからこそ、東京と違って早くからテレビを味方につけて復活の足掛かりとすることができたといえます。長老が皆死んでしまって若手ばかりだったから好き勝手にできたというのも良かったようですね。

 このあたりも、この物語の中での東京落語界とはちょうど真逆です。長老ばかりで若手がいない。それはずいぶん厳しい。衰退もするかもなあ。

 でもだからこそ、ここで与太郎という異分子が飛び込んできたことで、一気に何かが動き出す契機になるとは言えるわけです。これってつまり、弟子をとらなかった圓生のところに談志が飛び込んできたような感じですかね。そして与太郎が「助六を継ぎたい」と申し出るところでひとまずの幕に。

 ここからは与太郎の一代記なのか。これは楽しみ。小夏の落語もちゃんと聞いてみたいですけどね。小夏は助六の血を絶やしたくないと子供を作るわけですが… 二期で登場する息子はおっとりしてて、どこか菊比古っぽいようなのが面白い。志ん生の息子であるけれど完璧芸タイプの圓生型に育って行った志ん朝を思わせますね。期待できそう。

 第二幕、あせらずじっくり作ってほしいですね。とはいえ、近いうちに再会できることを楽しみにしつつ…この作品は間違いなく、アニメ史に残ります。かかわった方々は生涯誇りを持って代表作に挙げることになるでしょう。なにはともあれおつかれさまでした。
posted by てんちょ at 00:01| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

「夢彩限のファントムワールド」#13

 京アニの作品はだいたい追いかけてますが、これは退屈な系統かなあ。それでも非常に丁寧にできていて、それなりに楽しめるものになっているのは認めざるを得ませんが。



 何より主線がビシッとして微動だにしない、ダラダラ輪郭が崩れ出さないのは京アニのブランドの安定感ですよね。しかもそれなりに派手なアクションが繰り出されるというのに。個人的には別に色気描写は特にこだわりはないので、これだけ動けば文句はないです。

 ただ、京アニはもっとなんか驚かせてほしいと思うので。何をいまさらという感じはするんですよねえこういう表現をされましても。設定自体はどこかでみたことのあるものだし。

 外部から設定を買うのはいいんですが、結果として京アニ文庫ってショボい感じのストーリーが多い気がするのがどうにも気になるところ。これなら普通に原作付きやってる方がいい気がしますよ? なんでも向き不向きはあるわけで、無理にオリジナルにそこまでこだわらなくても。

 原作付きでそれこそ地を這うような緻密な描写でびっくりさせてくれるほうがうれしい。実際、もしも「おそ松さん」を京アニがやってたらどうなってたんだろう? とか思ってしまいますよね。

 まあ、次は割と有名なコミック原作みたいなので、期待できるかな。ともかくもおつかれさまでした。
posted by てんちょ at 00:17| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

「おそ松さん」#25

 まあ今更ではありますが、一応総括をば。



 うーん期待しすぎたかな、という印象。今までも要所要所ではかなりびっくりさせてくれたので、かなりとんでもない最終回なんじゃないかと期待してたんですよ。なんか封印されたことになってる第1話がおそらく伏線になってて、「そう来たかー!!」と帽子を叩いて悔しがるような結末になるんじゃないかと。

 ぜんぜん違いましたね。かなりすべり気味のただの野球回でした。しかもいままで散々既視感のある暴力ギャグ野球。なんでこれが最終回?

 前回ラストの六つ子の離散は、言うほど斬新なものではなかったし、たぶんどこかで覆してくるんだろうなとは思っていたけど、思ったよりもその覆し方が凡庸でしたね。

 まあこれなら二期は作りやすいだろうけど、二期決定の告知が欠片もなかったのにはびっくりしましたよ。ていうか、この25話で最終回というの自体がネタで、しれっと来週26話をやるんじゃないかと勘ぐってしまいましたもん。まあ、本当に翌週なんもなかったんで、ネタではないんでしょうが。

 結局面白いと思ったのは1、2、9話かなあ。後半はおおむねスベり気味。ただ、女子に熱狂的にウケたというのはなんとなくわかりましたよ。六つ子のキャラづけは完全に女の子が喜ぶ男のキャラづけですからね。特にカラ松が大人気というのは納得で、まあ実際こういうキザ男子、いそうでいないわ(^^;

 まあそんなことはないだろうとは思ったけど、9話の「煉獄」設定、なんらかの形で生かしてほしかったなあ… どこかの時点で今後しれっと使ってくる可能性はないではないと思いますけどね。
posted by てんちょ at 00:40| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする