2015年10月15日

「コンクリートレボルティオ」#2

 そうか、毎回二つの時代を行き来することで物語が完結する仕掛けなのか。なるほど、これはなかなかよくできている。



 この凝りに凝った仕掛けについては賛否両論という感じですが、ここまで尖った作品は近年少なかったので、評価していいと思いますよ。ただのレトロフューチャーヒーローものではなくて、ただ時間軸をシャッフルするというわけでもなくて、ふたつの時間軸を行き来することで毎回ひとつの物語が紡ぎだされるという仕掛けなのですよね。

 これは一時期大いに流行った時系列シャッフルともまったく違う演出方法なので、ちょっと注目してみたい。今の所、今期トップクラスの注目作です。このまま踏ん張っていってほしい。
posted by てんちょ at 02:09| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする