2015年10月07日

「ワンパンマン」#1

 今期はかなり最初から絞り込んでいるので、あまり大外れはないですね。まあなんか重大な漏れ落ちはないか、と心配ではありますが、たぶん大丈夫(^^;



 これは最初「え、国民的幼児ヒーローのパクり?」「この絵落書き?」とか困惑してたものでしたが、アニメ版を観て納得。なるほど、ここまで力を入れてやれば面白くなる話なのか。

 原作は人生ナメたような脱力系ギャグアニメでしたが、アニメ版はものすごく描きこまれた本気の作品になってた。シンプルなぶん、付加していく楽しみがあるってことなんでしょうね。要はアニメに向いた作品なんだと思う。まあこういう「満たされない豊かさ」って、いまの若い子の気分に合ってるんだろうし。私は「コンクリート・レボルティオ」の方が好みですけどね。おっさんですから。ただ、こういうのも面白いってことはわかる。少々虚無的ではありますが、それを笑い飛ばすところは結構健全だと思うし。

 それにしてもあきれるほど動いてたなあ。まさに絶句。こんなん、二話以降も続けられるとは思えないけど。こういうのを見ると「何を描くかではなくどう描くか」だと言いたくなってしまうわけだけど。確かにスーパーヒーローものはシンプルなぶんアニメ向きとはいえるかも。ただし、ストレートにやってもダメで、らんらかのひねりは必要なわけで。ここ数年のものがみんなからまわってたのは、リアル方向にヒネろうとしすぎたためかもしれない。むしろ極端な方向に誇張した方がいいかもしれんなあ、と思ったこの話なのでした。

 ともかくも決着は次回以降。まあ、期待してますんで。なんか今期は第一話みんながんばってますが、さて最後まで頑張れる作品はあるか…(^^;

 
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする