2015年10月06日

「コンクリート・レボルティオ」#1

 すばらしい! さすがのレトロフューチャーとさすがのサイケでポップな色指定。こういう感覚こそオリジナルアニメの妙味でしょう。



 「ローリングガールズ」みたいだ、と言ってた方もいるようですが、あれも大胆な世界を目指しつつもいろいろ空回りしてたからなあ。特に最後。まあ、あれはあれで愛らしい作品ではありましたが。

 こういう、ひとつひとつのシーン、フレームが「決まった!」と喝采したくなるような作りこみ感は、原作アニメではなかなか出ませんので。同じ脚本家でも「AN−GO」とか、アイデアは面白いけどいまいちうまく着地できてない例もありましたけど(未来世界がイメージ貧困すぎ)、これは長い間あたためていただけあって、非常に密度が濃い。ここまで行くとさすがすばらしい。

 ふたつの時系列がシャッフルされてましたけど、それぞれ区別がつけられてなおかつ同一人物であることがわかるようにキャラクターデザインが工夫されてましたし、なにより手堅い演出のおかげでひじょうにわかりやすかったですよ。さすが僕らの木下監督…じゃなかった(^^;水島精二監督。

 さすがにこれで途中から失速することはないと信じたいけど、オリジナルのリスキーさを散々思い知った昨今ですからねえ。まあ、ドキドキしつつも見守らせていただきますよ。たぶん大丈夫…と思う。まあ、何にしても今の所今期一番の期待作であることは間違いないですし。
posted by てんちょ at 02:21| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする