2015年10月04日

「ヤング・ブラック・ジャック」#1

 関西の秋スタートアニメは意外にもこの作品から。



 まあ、もともと金曜日はいつも見るものがないので、何かあればそれにこしたことはないんですが。ただ「ブラック・ジャック」はねー原作が好きすぎて、どうもアニメ版が受け付けなかった。出崎版にせよ手塚真版にせよ、「なんか違う」という違和感がぬぐえなかったんですよ。そもそもなんでブラック・ジャックこんなキラキラ目なん(^^;

 そういう点では、他作家によるサイドストーリーである今回の方が比較的冷静に観られましたよ。技術的にこの十年で進歩しているというのもありますし、原作未読だからこそ同人誌的ノリで拒否反応を感じずに済んだというかね。確かに手術シーンの患部がまったく出てこないのはちょっといただけないところではありますが、そこで全精力を使い果たさないぶん、落ち着いた演出がうまく働いていたというところでしょうか。

 ともかくもエアポケットの金曜日に放映だったのは幸運。しばらく付き合うことにします。さて今期は何本追いかけることになるか…
posted by てんちょ at 01:59| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする