2015年10月02日

「ガッチャマン クラウズ インサイト」#12

 終わりました。いやすごいもん観てしまった。ある意味現実を見事なまでにいい当てて、さらにその先へ進んでしまった感じ。



 しかし実際にはかなりの時間をかけて作っているはずで、実際の世相とドンピシャに合ってしまったのは偶然もあるのでしょうけど、スタッフの洞察力のたまものでありましょう。いや、この作品の言ってることって、SEALDsが目下訴えていることとほぼ重なるんですよね。独りになって考えよう、という部分も含めて。ある意味、普遍的な価値を突き詰めていくと、そういうことになるんだろうけど、今まで主張する人がいなかったのが不思議。まあ、日本がそこまで追い詰められなかったということかもしれませんが。

 はじめちゃんが言ってた「これはピンチだけどチャンスっす」というのも現実に重なるわけで。そういう意味でも本当にすごい。

 ただ、純粋に娯楽作品としてみた場合には、少々重たくなってしまったのも確かで、軽快なアクションとポップなデザインで衝撃を与え、クラウドコンピューティングに一石を投じた前作からみると、やや至らなかったかなと思うところもないでもない。まあ、あれの続編はどうやっても大変で、パトレイバー劇場版の1に対しての2みたいな立ち位置になるのはしょうがないですよね。もちろん、普通のアニメはどうやってもこんな高みまでは至れないわけで、高く評価します。

 本当におつかれさまでした!!
posted by てんちょ at 01:57| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする