2015年08月10日

「 Charlotte(シャーロット)」#6

 なんか最近はやってますよねえ。「●話まで見て!」「●話からすごいんです!」のスタッフメッセージ。たぶんみんな「まどか」の「10話がすごい」メッセージとその大成功に幻惑されてるんだと思う。あれは最初だったからあれだけハマったわけだし、視聴者の意識を別方向にそらす演出が絶妙だったからこそ、あれだけみんな驚いたわけで。ある意味脚本づくりのテンプレートとして「まどか」が意識されるようになった以降では、当然視聴者も予想して身構えるようになるわけで…その裏をかくのはとてつもなく難しい。



 特に麻枝氏はあまり脚本が緻密でなく、いろいろと穴だらけの天然ぶりを愛でて楽しむべき人と理解しておりますので、まあ「衝撃の六話!」とか言われて身構えたりするわけがない(^^;

 感想「はっはっは。ぬかしおる」

 まあそんなところかな(笑)急転直下の悲劇、とするにはいろいろとまあ穴だらけで、盛り上がるはずもない。何よりも妹の学園生活がまったく描かれていなかったのは最大のミス。新キャラが突然凶行に走っても「は?」でしょう。伏線の張り方が下手だなあ。

 ただ不思議と「そういうものだ」と思って観ると腹も立たないんですよ。それがこの人の持ち味なのかもしれない。この天然ぶりをうまくコントロールしていければ、独特の持ち味に仕上がっていくと思うので、がんばっていただきたいところです。アンチはついてまわるでしょう、この作風では。でも私は応援しますよ。何か独特の変な力が宿っている気がするので(笑)

 たぶん調子はずれの悲喜劇みたいな、ペーソスに麻枝氏の活路がある気がする。「人生うまくいかんなあ」と溜息つきながら、苦笑いで日々がんばる、みたいな。ブッチーさんのマネして明るさの陰にある残酷さとかやろうとしても、たぶん空回りするだけかと思います。麻枝さん、あなたはいい人すぎるから。たぶん。
posted by てんちょ at 01:21| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする