2015年08月08日

「乱歩奇譚」#6

 実のところ、今までで一番面白かった。そういう意味では、視聴切らなくてよかったとは思いますが。でもこれ、乱歩じゃないですよね、何をどう見ても。



 元ネタということになっている「地獄風景」は代表作「パノラマ島奇譚」の二番煎じらしく、すこぶる評価の低いもので、私は未読。読んでる人の話では、小道具すらカスってないらしい。むしろ次回の「パノラマ島奇譚」の方が、「地獄風景」にそっくりな内容っぽい。

 一幕ものの舞台劇風キャラクターコメディで、会話の畳み掛けが実に秀逸。みんなの期待通り変態紳士・影男が大活躍で、この面白さの大半は子安影男さんのおかげ。むしろ影男を主人公にしたスピンオフ作った方が売れるんじゃなかろうか。不幸な少女たちを助けるために東奔西走する変態義賊・影男。これは売れる!(^^;

 要するにこれ、典型的な爆弾コントですよね。なにをどう逆さに振っても乱歩ではありませんが。

 そして実にバカバカしいオチの後のCパート、どうやらチョーさんが真の二十面相っぽいのですが…となると、前回の長崎判決の歪曲も実は伏線? しかしコバヤシ少年のような一般人をだますのならともかく、エリート警察官僚に偽りの判例を教える、なんてことはあり得ない。なんかびっくりするようなオチがあると期待してとりあえず観つづけることにしましょうか。ただ単に嘘ついてた、とかだったら怒るよ(−−;
posted by てんちょ at 01:36| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする