2017年08月20日

「メイド・イン・アビス」#7

 今回は、さほど注目に値する音づかいはなし。まあ、舞台が限定されてますからねえ。そもそも地表パートでは、ほとんど凝った音声演出というのはありませんでしたし。



 しかし今回は大原さやか独演会。実に度し難い(笑)不動卿オーゼンの圧倒的なオーラを感じる演技の連続でしたよ。すさまじい狂気を感じるのだけど、悪人とは断定しきれず、妙に親切な部分もあったりして、実に掴みづらい。そこがまあ、オーゼンの魅力であり、平板なキャラクター造形が当然とされる昨今では、なかなか傑出したアイデアと言えると思います。つまり、オーゼンの複雑さというのは、文学的な灰色のトーンではなくて、一瞬一瞬で黒に見えたり白に見えたりと変幻自在のキャラクターであることにつきます。つまり、記号キャラなんだけど、その記号は特定できない、という食えなさ加減が実に新しい。

 あと、今回はリコの出生の謎が思いがけない形で明かされていたのも注目ポイント。あと、アビスの深淵に触れると、人間は歳を取らなくなってしまうんだろうか。オーゼンは50年以上前から現在と変わらぬ姿であったという。まあ、これまでもいろんなキャラのセリフの端々から、この世界の寿命はわれわれよりずっと長いんじゃないか? という思いがあったのだけど。

 今回は動きが少なかったぶん、この先の展開の伏線となりそうなネタが盛大にバラまかれている予感。しかし、このペースで13話でそれなりにキリのいいところまで行けるんだろうか。まあ、ディスクはそれなりに売れそうではありますけど。2クール目も期待したいところですが、しかし原作もまだまだ完結してはいないのですよね。いまやなつかしい明朗冒険ものだけど、シビアな世界観もしっかり示すあたりがこの作品のいいところ。だからこそ作品に厚みが出るわけですから。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

「サクラクエスト」#20

 いやー甘うみてましたな(^^; さすがシビア展開で鳴らすPA。東京まで勝負に出かけた真希、開始3分てで終了かい。



 本当、おとぎ話をやる気はとことんないってことですか。「以上の方はお帰り下さい」という展開、リアルでやったら、殴られると思うぞ。

 とはいえ、これであきらめるのではなく、地域から演劇をやっていこうと腹をくくった真希の思い切りがなかなかにすばらしい。結構おざなりになるかなと思っていた、国王の思いつきから始まった「血まみれサンタ」演劇も、なかなかにいい感じのハートフル劇に仕上がっていたのはすばらしかったですね。

 結構みんな本当に挫折の連続で。でも最終的には祭りの演劇が突破口になるのかな。さて、みんな忘れてますけど、クエストはまだ途中ですから。まあ、太鼓の修理も思わぬところから救いの手がさしのべられるとか、少しずつ事態は動いている模様。

 しかし小道具の使い方は妙にリアルなんだなあ。廃校になった小学校に廃れた祭りにと。本当、国王が何を目指して自立していくかが最後のカギになるのかもしれないですね。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

「NEW GAME!!」#6

 本当、シビアなお仕事アニメになってきましたね。もちろん原作でもあるシーンのようですが、ここまでじっくりと描きこむことで、プロの厳しさ、シビアさがひしひしと感じ取れる展開となりました。



 こういう職人的盛り上げをやらせたら、藤原監督というのはすごい。なんか「未確認」の全盛期のすごさが戻ってきた気がしますよ。1シーズン目ではまだパッとしなかった気がしますが、原作ではややパンチに欠けた場面も、それはもうくっきりと描き出してみせるし。

 双葉の晴れ舞台、と浮かれていたら「お前は無名だからキービジュアルはダメだ」と釘を刺される展開。じっさいにもあるあるなんだろうけど、文句のつけようもない形で、青葉と八神の実力差を見せつけるあたりはすごかったです。確かに原作もまったく同じストーリーなんだけど、色とか細かいしぐさとかがうまく改良されていて、ベテランの手慣れた技と、経験不足の新人の絵はうまいけど演出に欠けた画面の差がくっりとわれわれ素人にもわかる仕掛けとなっていました。

 そうそう。青葉ちゃん、画面に奥行を作るのはよかったんだけど、主人公を一番奥に配したらいかんわよね。これに対して八神さんのやつは、一枚絵で「着ぐるみを着替えながら冒険するんですよ」というのが一発でわかる仕掛けで、なるほどうまいとうならざるを得ない。

 実際、それなりに双葉のアイデアが良く、かなりの大作となるだけの出資が集まったこともあって、スタッフには誰もが知るベテランを据えるしかなくなった、という展開も実に納得がいくわけで。私が新人の時とは違う、と八神は抗議するわけだけど、あれは誰も注目していなかった低予算作品だった、とは。ゲーム業界のシビアさがひしひしと伝わる。でもみんないい加減じゃなくてどうやったらベストの形で作品を送り出せるか考えてて。それでも結果として双葉は犠牲となってしまうという。

 さて、この先どうなるか。まだまだシビアな展開が待っていそうですね。ちょっと目が離せません。
posted by てんちょ at 01:11| 大阪 ☀| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

「18if」#6

 いや、学校でイジメられるオタク少女、なんてネタはみんなドン引きするからやめた方がいい。イジメネタは嫌われるからなあ。みんな自分のことを思い出して鬱になるので。

 

 それでいて、なんか70年代アニメのパロディみたいな展開、誰が喜ぶんだろう。今回のヒロインの子、ノリノリで昔のアニメのコスプレしてましたけど、わかんないんじゃないか。こういう雑な「宇宙空間で敵を一掃ビーム」とか、今は演出としてもかなり恥ずかしいので、あまり採用されないと思う。

 まあ、イケメンにやさしくされてコロッといってるあたりのチョロさは、いかにもな展開で大笑いしましたけど。確かにオタク女子の思考回路としてはこうなりますよねえ。イケメンが正義。まあ、最初に出てきた「少年陰陽師」みたいな展開は、いかにもらしくって良かったんですが、その後ほとんど伏線になっていないあたりがなんとも。

 というわけで今回もかなり雑です。ていうか、まあなんとか解決した後で「いや、それじゃ解決しとらんだろ」というED後のミもフタもない展開はなんだったんだろう。オチとしてもほとんど意味不明。
posted by てんちょ at 00:05| 大阪 ☁| Comment(1) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

「喫茶安元〜アナログゲームはじめました」#5

 おお、5回目にしてようやく予告動画が公式にアップされましたよ。これで未視聴の方にもある程度わかってもらえそう。



 というわけで次回はポールさん待望のゴキブリポーカーですよ〜 カエルが嫌われ者認定されてるから、熱狂的カエラーのうちの家族はプレイしてくれんだろうな(^^;

 そして今回、5回目の題材は「理想の納豆」。納豆を崇拝しているポールさんは大喜びかと思いきやドン引きだそうで。まあ、カードゲームにしてもなあ。しかも、自分が好みとする理想の納豆の具材は、最初に配られたカードで決められてしまうんだそうな。自分の好みが自分の意思ではなくてランダムに決められてしまうってシュールすぎる。そして、場にプレイヤーの数と同じだけの山を築いていき、自分の「好み」を悟られないようにしつつ、「卵」とか「醤油」とかの具材のカードを積み重ねていく。自分の好みの役だけでできた山を取れば、一気に点数となるけど、異物の具材はマイナスとなってしまう。

カードゲーム 理想の納豆 -
カードゲーム 理想の納豆 -

 まあ今回はこんな変なゲームもあるよ、というネタ枠ですね確かに。今回のプレイヤーに納豆嫌いはいなかったようですが、お互いに様子を見ながら延々カードを積んでいったので「納豆ってなんだっけ」という感じで全員わけがわからなくなってしまった模様。

 関西人の私はもちろん納豆が好きではないんですが、見ていても、納豆のことはまったく思い出しませんでしたね。なんか覚えていないといけないことが多すぎて、頭破裂しそう(^^; 

 しかしこれ、全国納豆協同組合連合会公認って、納豆消費に役立つんかな。ずいぶんプレイ時間がかかるし頭混乱するし。そして優勝者には、勝利のカードと同一の組み合わせの納豆を実際に調理して食べてもらう、ってこれ明らかにいやがらせやん(^^;

 今回は、複雑なゲームだったこともあり、あっちゃんのテキパキしたナレーションに助けられた印象。おかげで要所要所で頭が整理できました。あと、本来のあっちゃんの持ち味である、Sっ気のある毒ナレーションが実に効果を発揮していて、いや笑った笑った。最後のオチはあっちゃんの芸風とナレーター魂がいい具合でミックスされていて、最高の効果を発揮していたと思います。「ハゲタカ」の時と対極、まさにネタプレイ。これはこれで面白かったです。
posted by てんちょ at 00:58| 大阪 ☁| Comment(4) | 西明日香 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

「プリンセス・プリンシパル」#6

 今までとかなり毛色の違う、動きの少ない苦いエピソード。「NOIR」で言えば「地獄の季節」みたいな感じですかね。内容的には番外編、ただ、今後への伏線とはなって行きそう。特にガゼルのキャラがようやく前面に出きた感じ。



 こういう「スパイの辛さ」を感じる日常エピソードはどこかに入るとは思っていたんですが、その主役がドロシーで、こういう場面で組まれてくるとはちょっと意外でした。前回がやたら派手なアクションエピソードだっただけにね。しかしみんな父親には恵まれてないのね。

 それでいて、ほとんど出番のないはずの他メンバーも、意外な形で重要なエピソードがさりげに明かされるあたり、いかにもこのシリーズらしいと思います。

 ちせとアンジェの過去がかなり異常であるだけに、逆にドロシーの過去がこれだけ「普通の平民」であったのには驚かされます。まあ、だからこそ背伸びしてチームのリーダーとかお色気要因とか買って出ているんでしょうね。キャラの肉付けとしては重要なエピソードと言えます。ただ、この作品、全部で12話しかないわけで…… 虫食いエピソードの効果がこれで出てくるでしょうか。

 徐々にディスクセールスも上向いているようで、2クール目を目指すか、それともあえて視聴者の想像に委ねるか。そういう部分も含めて、注目となって行きそうですね。

 そして次回は、エピソード16。またちょっと遡ります。毒ガステロ犯との闘いということで、またもや大仕掛けとなりそう。「NOIR」で言えば、後半のギリシア悲劇めいた展開がかなり間延びしたので、もしもあれがシャッフルされていたら、大分印象が変わっていただろうなとは思うのですよね。そういう意味でも、クライマックス展開がいつ立ち現われるかも含めて、なかなか目を離せません。案外最終話は、エピソード0かエピソード3だったりして、なんて思ったりするんですが。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

「メイド・イン・アビス」#6

 今回は、監視基地を舞台にして、ほとんど動かないエピソード。従って空間の膨らみを音で表現する演出の出番はほとんどないところですが…… しかしここに現れたのが異様極まる基地の長・オーゼン。必ずしも悪役とは言い切れないのですが、どこか異様で強烈な印象を与えるキャラクター。この声づくりがなんとも凝っておりました。



 これは演出的にもむずかしかったろうなあ。おっかないけどいい人、というガンコオヤジみたいなキャラでしたら既にいっぱいあり、定型化されてますが、ラスボスか怪物のようにしか見えないけど、親切な一面もあって、どう接すればいいか困惑するようなキャラクターという。

 ここに大御所・大原さやかを据えたのは大正解。あの「ツバサ・クロニクル」の次元の魔女・壱原侑子役ですね。最近では「シドニア」の仮面の艦長とかやってるので「ああいう感じか」とまさに納得。ただ、オーゼンは、ただカリスマで一物あるタイプというだけじゃなくて、本当に何考えてるかわからない怖さ、それもひょっとしたら人ですらないのではと思わせる強烈な異物感を出さなければならない。それを見事なまでの説得力で見せ切ってしまった大原さやかはさすが。

 音響演出的には、ブーンという感じの不穏なノイズ音とデロデロした不気味な音楽、あまりメロディらしくない単調なサウンドが巧妙に組み合わされて、これがなんとも不安をかきたてる旋律となっているわけ。冒険しない今回も、やはりサウンドで見せる演出は健在でした。さすがやなあ。

 とはいえ、男の娘でメイドな弟子・マルルクにはとても慕われていて、そのあたりの人間関係も説得力のあるものにしなければならない。この構図は実に巧妙でした。そういうやさしい一面も、大原オーゼンはちゃんと表現できているのですよね。本当にお見事でした。拍手。来週も出るわけで。いや楽しみだ。 
posted by てんちょ at 00:10| 大阪 ☀| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

「サクラクエスト」#19

 いよいよラストが近づき、間野山に残るメンバーと去るメンバーに分かれそう、というチーム離散の予感を感じさせるエピソードでした。



 まあ、実際問題として、「いろは」とかの結末を考えても、コミュニティは維持されたまま終わることはないわけで。一同の離散で物語も完結する、というのがPAらしいリアリズムですよね。物語の結末というのはそういうものだろう、と。むろん、近年は終わらないコンテンツ化が進んでおりますが、そういうキャラに寄り掛かった商法はダメだと結構真面目。まあそうでなければ、ここまでリアル系の地域起こし哀歌にはなりませんよね。

 もう早苗はここに根を下ろすことを決めたわけで。おそらく、もともと間野山住民の凛々子と真希が去ることになるんではないかな。しおりは地元命の子だから、たぶんこのまま。由乃はさてどうするか…… 今までのPAパターンだと、早苗に後継を頼んで、普通に就職しに東京に戻る…… でもそれだと「いろは」とあんまり変わらない。たぶん国王は退任するけど、隣町で起業するとか……

 そういう展開が少しずつ見えてきました。さてどういう形で着地するか。そういう部分も含めて注視していきたいと思います。結構サンダルさんがオチ要因になりそうな予感が。
posted by てんちょ at 00:07| 大阪 ☀| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

「18if」#5

 あー忘れてた。今週もなんかモヤモヤしてたなあ。



 人気スケーターの少女が、普通の青春を謳歌したくて、夢の世界に閉じこもる話。なんかここんところは、かなり見たことのあるような話ばかりでなんだかなあでしたよ。もうちょっとひねってくれた方がうれしい。

 あと、このオチは割とよくあるものである上に、じゃあこれ今何時代よということになってしまうので、結構破綻してる。それと、あまり後味がよくないですね。

 スケーターではなくて、バレーダンサーとかだと、昔の少女マンガでよくあった気がするし。あと、ここ最近のエピソードは、結局魔女騒動自体がまったく解決していない気がするんだけど、どうだろうか。主人公が女性から見た王子様に描かれすぎで、もはや主人公ですらなく、エピソードの繋ぎ役でしかない気がするんだけど。

 しかしこれ、売上が不安だわ…… さすがに森本晃司監督分は面白いだろうと期待してますが、そこまでもつかどうか。ちょっぴり不安。
posted by てんちょ at 02:02| 大阪 ☁| Comment(2) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

「喫茶安元〜アナログゲームはじめました」#4

 さて、というわけで相変わらず動画がない。もういいやというわけでロゴ画像を使用。

喫茶安元.jpg

 今回のゲームはなんとロシア製「スパイフォール」。とはいっても、007みたいにガンガン撃ちあったりそのへんに落ちている美女を口説いたりするわけではなくて、かなりコンセプト主体のトーク型ゲーム。

スパイフォール 日本語版 -
スパイフォール 日本語版 -

 カジノとか病院とかホテルとか、ある特定の「場所」カード(プレイヤー人数分マイナス1枚、配られるのはすべて同じ場所)と一枚だけ混じった「スパイ」カードを割り振って、みんなでその「場所」についての話をする。つまりスパイだけ「場所」がわからないので、みんなの話から「場所」を当てなければならない。一方、スパイは本人にしかわからないので、「場所」カードを引いたプレイヤーは、誰がスパイなのかを当てなければならない。つまり「スパイ」を当てればそのプレイヤーの勝ち。「場所」を当てれば、スパイの勝ち。

 いわゆる「人狼」に近いのかな。でも、あれよりはずっとシンプルでコンセプチュアル。誰がやるか、うまい人がプレイするのを見るのはなかなかに面白そう。今回はなかなか演出も凝っていて、一回目が各プレイヤーカード明示、二回目がブラインドでプレーを見せる形式で、大変に盛り上がりました。誰がスパイか分かっている場合とそうでない場合は結構見え方も違うのですよね。しかし1回目、だれがどう見てもスパイはマフィア梶田さんだよなあ。

 まあ、スパイをやる人は相当にうまくないと、すぐバレてしまうかも。かなり上級者向けですね。見ているぶんにはとても面白いけど。そして今回も、そういうプレイヤーのドタバタに細かくツッコミを入れていくあっちゃん。ただ、トークの時と違ってこれはナレーションですから、かなりクールにシラッとした感じで突き放していくのが味なんですね。このゲームに関しては、あっちゃんが安元さんとサシでプレイしているところが見てみたい。

 あっちゃんもカードゲームに興味が出てきたようで、昨日はてさ部メンバーで「ペンギンパーティ」とかやってた。ツイッターで実況してましたね。

ペンギンパーティ 日本語版 -
ペンギンパーティ 日本語版 -

 負けた人は英語で一発ギャグとか、あっちゃんは相変わらず盛り上げ上手だなあ。一度、西神社でゲストにあけさん呼んでゲーム企画してみたらどうだろう。
posted by てんちょ at 00:07| 大阪 ☁| Comment(2) | 西明日香 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする